crypto currency仮想通貨 投資

【コインチェックNFT始まる】今話題のNFT(ノンファンジブルトークン)について儲かるか。本当に素人が考えてみた。【暗号資産】

投稿日:

【コインチェックNFT始まる】今話題のNFT(ノンファンジブルトークン)について儲かるか。本当に素人が考えてみた。【暗号資産】

ビットコインが600万円代をウロウロしています。

さて、最近NFTと呼ばれるものが話題になりつつありますが、

一体NFTとはなんなのか。

みなさん、知りたいのではないでしょうか。

 

そして、そして、

一番知りたいのは、NFTは儲けられるのか。

お金を増やせるのかということではないでしょうか。

 

そんな一般的な方を代表して、NFTがなんなのか、儲かるのか考えてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

結論

いきなり結論を言ってしまうのですが、

 

結論としては、

儲けるにはとにかく誰よりも早くまず始めよう。

ということです。

 

コインチェックNFTが3月24日から始まります。

取り合えず、口座を開設して、

また、すでに開設している方、

最初に出品されたNFTを少額購入してみてはどうでしょうか。

コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/

Coincheckの無料登録はこちら

コインチェック

まず、NFTとは何なのか。

NFTは、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略称で、固有の価値を証明できるデジタルアイテムです。

最近では、ブロックチェーンゲームのアイテムの交換などに用いられるのみならず、アート作品の所有権の証明や、スポーツクラブのファンコミュニティ形成の手段などとして注目を集めています。

https://corporate.coincheck.com/2021/03/18/136.htmlより抜粋

 

誰もが知りたいこと「NFTは儲かるのか」

まず、コインポストの記事を読んで自分なりに解釈してみると、

あらゆる資産と同様に、需要と供給は市場で価格を動かす重要な要因だ。NFTの希少性と、ゲーマーやコレクター、投資家などからの旺盛な需要で、NFTに対して多くのお金を費やすようになった。

一部のNFTは、オーナーに多くの利益をもたらす可能性を秘めている。例えば、仮想空間「Decentraland」のゲーマーは、仮想空間内の土地を64区画を購入し、1つの区画にまとめた。その土地は「The Secrets of Satoshis Tea Garden」と名付けられ、魅力的な立地とアクセスの良さという理由だけで、8万ドル(約840万円)で取引された。

またある投資家は、レーシングゲーム「F1 Delta Time」のモナコのコースの一部を約22万ドルで購入。投資家はコースの一部を所有することで、そこで行われるレースから入場料などの5%の配当を受け取ることができる。

https://www.coindeskjapan.com/97833/より抜粋

 

いままで現実社会にコレクションしていた、例えば、切手や硬貨、大きいものでは、アートや不動産などの価値の持つものが、

だんだん、デジタルの世界でもデジタルの中で完結する価値のあるものが存在し始めており、

その価値をデジタルの世界は、現金ではなく、NFTと呼ばれるトークン化されたもので、

デジタル資産の価値もデジタルの世界で完結される。

 

現実社会とデジタルの価値をつなげ、換金する方法がNFTであり、

 

NFTをビットコインやイーサリアムなどの暗号資産に換金し、リアルなお金に換金すれえば、

リアルな世界のお金が増えるということと考えています。

 

しかし、これからの時代、デジタル資産はデジタルの世界のままで評価されていく時代になるような気がしています。

 

たとえば、まだまだ先のことでしょうが、

銀行の融資や、相手を資産家かどうか判断するときに、

所有しているデジタル資産やNFTの評価が加わる時代が来るでしょう。

 

NFTを利用した妄想会話

2020年

Aさん、「銀座に100坪の土地を所有してらっしゃるんですか。(驚) 資産家ですね。

それなら毎月に家賃収入がすごいですね。」

 

20〇〇年

Bさん、「仮想空間「Decentraland」の〇〇に土地をお持ちなんですか。資産家ですね。

その土地の利用者から毎月〇BTCの家賃収入を得ているんですか(驚)」

というふうになっていくんじゃないでしょうか。

 

まとめ

つまり、リアルな資産と同じように、アートコレクター、不動産のデジタル版、あるいは、デジタル世界ならでは価値をもつもの「一番最初にツイートされたツイート」など

やはり、誰よりも早く「誰かが欲しいと思う人」をできる限り安く手に入れて、「欲しいと思う人に」高く売る。

つまり、

誰よりも早く始めることが、だれよりもチャンスを掴むことができる。

ということではないでしょうか。

そして、別に大きなお金を必要としない。

準備するものにだけがチャンスを掴むことができるのです。

何に対しても同じことが宛はなってしまうのです。

誰よりも早く行動する人が、他の人よりも豊かになる時代・

とりあえず、初めてみましょうよ。

無料なのですから。

 

「Coincheck NFT(β版)」、3月24日より提供開始~ ワンストップでNFTの出品・購入・保管ができる日本初(※1)のNFTマーケットプレイスを展開

2021年3月24日提供開始予定の「Coincheck NFT(β版)」は、従来のNFT取引において課題とされていた、

ネットワーク手数料(Gas代)の高騰や複数のサービスを介す取引方法などの課題を解決したオフチェーン(※2)のNFTマーケットプレイスです。Coincheckの口座をお持ちの方はどなたでも、

NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料(Gas代)は無料です。

 

当社では、2020年8月にNFTマーケットプレイスの立ち上げを表明して以降、国内外で人気のある6つのNFT発行体と連携しながら「Coincheck NFT(β版)」の提供開始に向け準備を進めてまいりました。

今後は、ゲーム分野のみならず、アートやアニメ、マンガ、音楽などの分野のNFTの取扱いにも注力し、NFT市場の拡大およびNFTによる新たなエコシステムの創出を目指します。

今後も「新しい価値交換を、もっと身近に」のコーポレートミッションのもと新たな価値交換手段となる可能性を秘めるNFTを、お客様にもっと身近に感じていただけるきっかけを提供してまいります。

 

コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/

Coincheckの無料登録はこちら

 

「Coincheck NFT(β版)」の詳細

特徴 ・Coincheckの口座をお持ちの方であれば、NFTの出品・購入・保管がワンストップで可能
・出品・購入のネットワーク手数料(Gas代)が無料
・NFTの購入には13種類の暗号資産が利用可能
リリース日 2021年3月24日(予定)
決済に利用可能な暗号資産(※3) BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ
利用手続き Coincheckの口座をお持ちの方は、手続きなしでご利用いただけます

 

 

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法(約1分で口座開設できてしまいます。)

コインチェック公式サイト:https://coincheck.com/

Coincheckの無料登録はこちら

口座開設は無料です。心配いりません。

ビットコインが高値更新されたりしていますが、

まだまだ上がっていくと思います。

ビットコインETFが申請されましたが、

これは承認されるのは時間の問題だと思います。

私もビットコインを持っていますが、

少しずつでも、積立していこうと思っています。

【裏技】放ったらかしでビットコインBTCを自動的に無料で手に入れる方法【ゆっくり確実に増やす裏技】

 

リスク分散のためにも複数の仮想通貨の口座開設をおすすめします。

最短10分で取引できるGMOコイン

GMOコイン公式サイト:https://coin.z.com/

GMOコイン

セキュリティが高い取引所:ビットバンク

bitbank(ビットバンク)公式サイト:https://bitcoinbank.co.jp/

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

 

上級者向け取引所: Liquid by QUOINE

Liquid by QUOINE公式サイト:https://www.liquid.com/

QUOINEX

 

少し難しいですが株式投資の基盤を勉強したい方向けのおすすめ無料メルマガです。

【完全無料】MotleyFool(モトリーフール)は海外投資情報をいち早く知りたい人や勉強したい人におすすめの最強の無料メールマガジン【初心者から経験者まで】

 

「株式投資が怖い人におすすめ】たった1万円からでも資産運用をクラウドバンクをすすめる理由。

クラウドバンクの口座をお持ちでない人は口座を作っておくことをおすすめします。

 

私と同じ様に、株式の銘柄を吟味するのが苦手な方、トレードが上手くできない方、

時間が本当に無い忙しい方におすすめです。

 

お金を預けるなんて、始めるのは誰でも不安なものですよね。

不安な人は、たったの1万円

たったの1万円からで良いので始めてみませんか。

 

良いと思ったら、だんだん10万円、100万円と増やし行けばいいのです。

きっと増やしたくなることでしょう。

クラウドバンク公式サイトから口座を開設する

クラウドバンク公式サイト:https://crowdbank.jp

クラウドバンク

ad

ad

-crypto currency仮想通貨, 投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【最大30万円】クラウドバンク累計応募金額600億円突破キャンペーンの対象ファンドにドル建てファンドが追加。

目次1 【最大30万円】クラウドバンク累計応募金額600億円突破キャンペーンの対象ファンドにドル建てファンドが追加。1.1 この記事の内容:クラウドバンク累計応募金額600億円突破キャンペーンの対象フ …

【仮想通貨】ヤフーが出資する仮想通貨取引所「TAOTAO」からサービス開始に必要な郵便物の発送通知がメールで届きました。追記:郵便物も届きました。追記2:メールで「サービス利用開始のお知らせ」が届く

目次1 【仮想通貨】ヤフーが出資する仮想通貨取引所「TAOTAO」からサービス開始に必要な郵便物の発送通知がメールで届きました。追記:郵便物も届きました。追記2:メールで「サービス利用開始のお知らせ」 …

【バンクエラBankera】バンクエラ公式ブログの記事が更新されました。「エコシステムの開発: 弊社のビジョン」と題して、これまでの経緯と開発中のプロダクトを紹介しています。

目次1 【バンクエラBankera】バンクエラ公式ブログが記事更新。「エコシステムの開発: 弊社のビジョン」と題して、これまでの経緯と開発中のプロダクトを紹介しています。1.1 この記事の内容:バンク …

FreeBitco.inのその後。5000satoshisまで増やすとボーナスチャレンジができるよ。

目次1 FreeBitco.in負けない賭け方の検証のその後2 0.00005000BTCまで貯めると「claim your bonus」というボーナスチャレンジがあるよ。3 無料タダでビットコインを …

【バンクエラ最新情報まとめ】バンクエラBankeraがIDCMとIDAXに新規上場、そしてさらなるビッグニュースの告知。【仮想通貨2019年6月最新】

目次1 【バンクエラ最新情報】バンクエラBankeraがIDCM(6月)とIDAXに新規上場、そしてさらなるビッグニュースの告知。【仮想通貨2019年6月最新】1.1 この記事の内容:バンクエラの2つ …