crypto currency仮想通貨 投資

【バンクエラ最新情報】バンクエラ(Bankera)は着々と動いている。ヨーロッパハッカソン1位、共同創設者のインタビューなどコツコツ動いています。【仮想通貨】

投稿日:








【バンクエラ最新情報】バンクエラ(Bankera)は着々と動いている。ヨーロッパハッカソン1位、共同創設者のインタビューなどコツコツ動いています。【仮想通貨】

このページを訪れた方は、バンクエラに関しても最新情報やが知りたい方だと思います。

 

最近音沙汰のなかったバンクエラですが、ヨーロッパのハッカソンで1位を受賞しました。

さり気なく、ビットコインも100万円まで上昇、イーサリアムも2万円超えとコロナの影響でしょうか。

あまりないと思いますが、着々と

 

この記事の内容1:バンクエラ最新ニュース バンクエラ(Bankera)がヨーロッパのハッカソンで1位を獲得。

先週末、Bankeraのチームは、主催の汎ヨーロッパハッカソン#EUvsVirusに参加しました。
@EU_Commission。私たちのチームが開発したソリューションは、デジタルファイナンス部門で1位を獲得しました。

 

この記事の内容2:バンクエラ最新ニュース バンクエラ(Bankera)の共同創設者がインタビューに応じています。

最近のインタビューで@pymnts、Bankeraの共同創設者であるVytautas Karaleviiusは、暗号化ビジネスを銀行に預けるのがなぜ難しいのか、
なぜグローバルな決済業界の全体的な進化をサポートするためにそうすることが不可欠なのかについて洞察を提供しました。

元サイトを自動翻訳したものを抜粋させていただきます。

暗号通貨のボラティリティと、規制コンプライアンスの灰色の領域に存在することが多いため、このセクターで事業を行うビジネスは、従来の金融機関にとって魅力のないターゲットになっています。

今日、暗号化ビジネスでの作業に関しては、規制当局と金融サービスプロバイダーが保持する幅広いポジションが残っています。しかし、このテクノロジーの支持者たちは、暗号化がここにとどまるだけでなく、いつの日か全体の決済および金融サービスエコシステムの重要な部分になると主張しているため、これらの企業が将来に備えるために今日適切な銀行サービスを受けることが不可欠です。

従来の銀行がつま先を業界に浸すかどうかを決定する際に、ギャップはFinTechsが参入する機会を生み出しました。その1つがBankeraです。これは最近、暗号通貨の分野で事業を行う企業の従来の銀行口座に代わるものを立ち上げました。 。

PYMNTSとの最近のインタビューで、Bankeraの共同創設者であるVytautasKaralevičiusは、暗号化ビジネスがバンキングすることが非常に難しい理由を正確に洞察しました。それでもそうすることは、グローバル決済業界の全体的な進化をサポートするための鍵になると彼は言った。

相反するニーズ

何年もの間、暗号会社は、金融機関(FI)が業界のリスクの高い評判のおかげで銀行であると確信させるのに苦労してきました。

「これは公平です」とKaralevičius氏は説明します。「仮想通貨は実際には為替テクノロジーの媒体であり、支払いや金融ビジネスと同様のリスクを持っているからです。」

規制と次の市場からまだ流動的デジタル通貨を囲む、コンプライアンスを克服するための暗号企業や銀行・プロバイダーの両方のための最も挑戦的な障害の一つです。Karalevičiusが述べたように、これは多くの場合、暗号通貨業界の中心部が規制のニュアンスと対立することが多いためです。

「現在の規制環境と同様に、これらのビジネスには完全に異なる考え方を必要とする2つの側面があります」と彼は言った。「一方で、これらのビジネスは完全にテクノロジー主導であり、すべてが二元的かつ具体的ですが、他方で、コンプライアンスはめったに二元的ではない法的分野であり、黒と白であり、優れた解釈スキルが必要です。」

彼は、コンプライアンスの性質が暗号の世界と時々競合する方法の別の例として、マネーロンダリング防止(AML)規制を指摘しました。ビットコインは、金融取引の仲介者をバイパスする方法として作成されました。これは、伝統的に銀行そのものです。ただし、AML規制は、バンキングスペースの現在のレガシーインフラストラクチャとその「第三者のチェーン」を念頭に置いて開発されました。

暗号会社とその銀行プロバイダーにとって、これは専門家がこの範囲の両端を理解することを保証するという課題を提示します。

FI自体も、この業界の運営方法を完全に理解するのに苦労しています。暗号通貨スペースは比較的初期の段階にあり、長年にわたって大量のネガティブプレスに悩まされているため、銀行はビジネスが本当に銀行取引可能かどうかを理解できない場合があります。

「ビジネス自体のコンプライアンス手順を理解することだけではなく、ビジネスモデルが合理的であるか、それとも別の迅速な計画であるかについても理解する必要があります。」

決済エコシステムへの貢献

FIが暗号化の世界に参入するべきかどうかについての議論は続いていますが、セクター内の企業に銀行業務を行うか、独自のデジタル通貨技術を開発することによって、カラレビッチは、暗号通貨が徐々に全体の標準的な部分になると確信していますグローバル決済インフラ。

実際、今日の決済イノベーションの最も適切なドライバーの多くは、暗号通貨の世界で急速に進化しました。

たとえば、速度は暗号化トランザクションの必須コンポーネントであり、これらのビジネスの多くは、そのニーズに対応できる銀行プロバイダーを見つけるのを困難にしています。

「暗号通貨の主な利点は、ほぼ瞬時に決済されることです」と彼は言った。「つまり、法定取引レッグも高速であるか、ほぼ瞬時である必要があります。したがって、暗号ビジネスは、速度の要求に応えるローカルの支払いオプションと支払いオプションを提供できるパートナーを探しています。」

これらのプロバイダーは、より高速な決済イノベーションが急増するにつれて、そうすることがますます可能になっています。Karalevičiusによると、暗号通貨の速度、透明性、および手頃な価格のプラットフォームは、従来の決済レールのフィアットアリーナを含む、決済エコシステムの他の革新を推進しています。そして、伝統的な特派員銀行関係が消滅するにつれ、国境を越えた取引がより困難になるにつれて、資金を移動する別の方法の需要が高まるでしょう。

Bankeraのアカウントソリューションでは、暗号化トランザクションだけでなく、SWIFTやSEPAなどの従来のネットワークを使用する他の法定通貨のサポートも含めることが重要でした。FinTechのビジネスアカウントの提供が開始されると、今日のビジネスは決済エコシステムのすべての領域にアクセスする必要があるため、特に国境を越えてB2B決済を迅速に促進するには、さまざまな通貨とネットワークのサポートが鍵となります。

「暗号は、SEPA、SWIFT、または支払いカードのようなもう1つの支払いチャネルです」とKaralevičiusは述べ、両方のサポートを提供することにより、暗号ビジネスは暗号および従来の金融市場でも事業を行うことができます。「暗号化と金融サービスは、おそらく今後数年ではなく、今後10年で1つに統合されると思います。」


国内仮想通貨取引所のコインチェックも頑張っています。

【コインチェック最新情報】暗号資産取引所コインチェックが国内唯一の仮想通貨自動積立サービスを提供開始【仮想通貨】

 

【クラウドバンク運用実績公開2019年11月】未成年口座を実際に投資した結果は。累計応募金額700億円まであと僅か480万円、かならず本日中に突破する予感、口座開設して大型キャンペーンに備えましょう。

 

【クラファン】応援したい投資家たちのお金を届ける融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners キャンプファイヤーオーナーズ」をおすすめする3つの理由。【家入一真代表完全子会社】

【口コミ評判】「テーマ」「おまかせ」投資のFOLIOのメリット・デメリットを解説します。忙しい人こそ投資でお金を増やして時間を自由に使おう。【投資初心者必見】

Freebitcoin フリービットコイン:このブログの人気記事【完全放置でビットコインを増やす裏技】

Freebitco.in公式サイト:https://freebitco.in/

Freebitco.in公式サイトから無料登録してビットコインをもらう

 

【裏技】Freebitco.inフリービットコインを使って仮想通貨ビットコインBTCを自動的に利回り133%以上にする方法【ゆっくり確実に増やす裏技】

 

ad

ad

-crypto currency仮想通貨, 投資
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無料】仮想通貨Rippleリップルが無料で1日1XRP貯める方法。FreeRippleFaucetで毎日淡々と集めよう。

目次1 【無料】仮想通貨Rippleリップルが無料で1日1XRP貯める方法。FreeRippleFaucetで毎日淡々と集めよう。1.1 FreeRippleFaucetフリーリップルファウセットが一 …

仮想通貨ICOに参加したBankeraバンクエラのミートアップに行ってきました。

目次1 仮想通貨バンクエラBankeraの世界初のミートアップが東京で開催されました。2 気になる好材料はあったのか?3 ネットではバンクエラの開発が遅いとかありますが、そんなことはない。着々と丁寧に …

no image

仮想通貨のICOとTGEの違い。これから投資するのはTGE案件にしよう。

最近、仮想通貨に投資を始め、色々少しずつ仮想通貨の知識も増え始めました。 仮想通貨ICO前のWorld Wi-fiのプレセールにも参加しました。私もこれに乗っかって参加したいという方は一緒に参加しまし …

【予想的中】クラウドバンクが累計応募金額700億円突破キャンペーンが予想通り開催。セミナーの感想や投資・資産運用において悩んでる課題や今後のセミナーの議題についての報告を読んだら秀逸だったので紹介したくて書きました。【クラウドバンク】

目次1 【予想的中】クラウドバンクが累計応募金額700億円突破キャンペーンが予想通り開催。セミナーの感想や投資・資産運用において悩んでる課題や今後のセミナーの議題についての報告を読んだら秀逸だったので …

【クラウドバンク運用実績公開】コロナウイルスの影響で史上最低の結果に。お金の成長も子供の成長と同じです。2020年4月の未成年口座を実際に投資した運用結果は。

目次1 【クラウドバンク運用実績公開】コロナウイルスの影響で史上最低の結果に。お金の成長も子供の成長と同じです。2020年4月の未成年口座を実際に投資した運用結果は。1.1 【運用実績公開】2020年 …