crypto currency仮想通貨

【バンクエラBankera】バンクエラ公式ブログの記事が更新されました。「エコシステムの開発: 弊社のビジョン」と題して、これまでの経緯と開発中のプロダクトを紹介しています。

投稿日:2019年5月22日 更新日:








【バンクエラBankera】バンクエラ公式ブログが記事更新。「エコシステムの開発: 弊社のビジョン」と題して、これまでの経緯と開発中のプロダクトを紹介しています。

この記事の内容:バンクエラ公式ブログが記事更新。「エコシステムの開発: 弊社のビジョン」と題して、これまでの経緯と開発中のプロダクトを紹介しています。

バンクエラがICOで終了して1年以上が経った今、バンクエラのこれまでのプロダクトの経緯とこれから開発するプロダクトを紹介しています。

記事の最後には、これからのバンクエラの開発中のプロダクトとして、Bankera Loan(ローン)、Wallet(ウォレット)、Investment Tool(投資ツール)の3つを紹介しています。いまいち新鮮味と収益性の高いものとは思えませんが、しっかり開発してほしいと思います。

是非、是非、着々と開発を進めて頂きて、BNKの価格をICO以上の価格に上げてほしいと思います。

 

バンクエラ公式ブログ 日本語版:https://blog.bankera.com/ja/2019/05/21/bankeraエコシステムの開発-弊社のビジョンより一部抜粋

バンクエラ弊社はブロックチェーン時代の銀行になる旅のずっと先に進んでおります。この時点で、疑問に思う方もおられるでしょう。 この旅はどのように始まり、どこに向かい、その目的地にどのよう到達するのか?

という上記の見出しで、バンクエラの歴史の紹介が始まっています。

わかりやすく任意で抜粋し、本当にざっくりと要約しました。

バンクエラの歴史

Bankeraの歴史は6年前、金融とソフトウェア開発の経験を積んだ3人の若い専門家が、クリプト時代の黎明期に暗号資産決済を提供することを目的としたフィンテック企業であるSpectro Financeを設立。

その後、SpectroCoinとして、暗号資産仲買業務、ウォレット、デビットカード、最終的には決済処理ソリューションを提供。

2017年8月28日、Bankeraはプロジェクトを次のレベルに引き上げるために必要な資金を集めるためのICOを実施。

2018年7月、EUで認可された電子マネー機関Perveskとのパートナーシップを発表。

2019年、Bankera Exchangeリリース

Eventually, the products witin Bankera's ecosystem will cover every core financial service

 

これから行っていく3つの開発プロダクトを紹介しています。バンキングサービスの中核をなす3つの紹介

公式ブログ記事の最後に、バンクエラの今後のマイルストーンを掲げています。

1.Bankera Loan(ローン)

今年の第三四半期に、Bankera Loanプラットフォームを立ち上げます。Bankera Loanは、個人および企業に、暗号資産を担保として使用し、法定通貨と暗号資産両方をローンとして受け取る機会を提供します。

このプラットフォームは、新しい資産を追加することによって取引ポートフォリオを多様化する機会として、また現在の暗号資産の保有を放棄することなく追加の法定通貨を得る機会として、ブロックチェーン愛好家にとって最適な選択肢として機能いたします。

 

2.Wallet(ウォレット)

Bankera Walletサービスを開発中。伝統的な支払い方法の幅広い選択にアクセスできるように設計されており、プロジェクトは“ウォレットの中の銀行“ソリューションとして機能いたします。 ウォレットは様々な法定通貨をサポートし、低コストの通貨取引に魅力的な為替レートをご提供いたします。

 

3.Investment Tool(投資ツール)

Bankera Investment Toolが開発される予定。このサービスには、取引バスケットの多様化の可能性がある低価格の上場投資信託など、顧客の資産を投資するためのさまざまなソリューションで構成されております。Bankeraはまた、最先端の人工知能(AI)技術を駆使したファイナンシャルアドバイザリーサービスの提供も計画しております。

 

バンクエラは期待していますが、毎週のレベニューシェアの報告よりも、しっかりと、このような開発の進歩状況やBNKの価値を上昇させるような仕掛けや取り組みをしっかり行ってほしいと思いますね。そして、一企業として、しっかり利益を出してほしいと思います。

 

【裏技】日本人在住者がバンクエラを購入できる唯一の方法。それは「スペクトロコインファウセットで貯めたビットコインを両替する。」です。

スペクトロコインファウセット公式サイト:http://faucet.spectrocoin.com/

 

もし、スペクトロコインの口座をすでに持っていて、なんとか下がっているバンクエラを買いたいという人は、

ファウセットで毎日ビットコインを貯めて、ビットコインBTCからバンクエラBNKに両替することが唯一購入できる方法です。

スペクトロコインファウセット公式サイトから無料でビットコインを貯める

【バンクエラBankera】日本人がバンクエラを買える方法とスペクトロコインに入金できるたった一つの方法。それは「ファウセットでビットコインBTCを貯めて入金する」です。

 

3年間後100万円貯まっているかもしれないFreeRippleFaucetフリーリップルファウセットの紹介

FreeRippleFaucet公式サイト:https://freexrpfaucet.com/

面倒なウォレットの紐付けや登録は一切必要なし。メールアドレスを入力するのみです。

SBIの北尾氏は3年後リップルは1,100円になると予想していますし、アメリカの著名人は500ドルになるとか予想しています。

3年後1リップル1,000円になることを期待して、1,000XRP目標で貯めたいと思っています。

 

Freebitco.in公式サイト:https://freebitco.in/

ビットコインが90万円近くになった今は、1時間ごとに1回25satoshiほどしかもらえなくなってしまいました。

Freebitco.in公式サイトから無料登録してビットコインをもらう

このブログでアクセスが多く、問い合わせも多い記事です。

ビットコインを自動で少しずつですが増やし続けることができます。

【裏技】Freebitco.inフリービットコインを使って仮想通貨ビットコインBTCを自動的に利回り133%以上にする方法【ゆっくり確実に増やす裏技】

 

仮想通貨を始めるなら今かもしれません。国内取引量が一番の金融庁登録の仮想通貨取引所Bitbankビットバンクで始めよう。

無料で集めた仮想通貨を現金にするには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

集める分には、口座は必要ありませんが、ゆくゆくはその仮想通貨を現金に変えて出金しなければなりません。

そのまま他の通貨に変えるもよし。三年後のために口座を開設しておきましょう。

上がりきってから口座を開設しても「時すでに遅し」ということがないようにしましょう。

ビットバンク公式サイト:https://bitbank.cc/

bitbank

 

東証一部上場企業に投資するよりも確実に利回りよく運用する方法

もうすぐ累計応募金額が600億円を超えます。そんなときは必ず大型キャンペーンとして、アマゾンギフト券1%還元したり、2%のキャッシュバックを行ったりしています。

そうなれば、クラウドバンク目標利回り6.9%に加えて1%~2%で7.9%や8.9%で運用できてしまいます。

東証一部上場企業に投資するよりもリターンが大きくなるのです。

是非クラウドバンクの口座を持っていない方は、大型キャンペーンを行う前に、口座を開設して準備しましょう。

【クラウドバンク運用実績公開2019年5月】上場企業事業拡大支援ファンドの募集を開始。クラウドバンクの口座を開設して、東証一部上場企業平均益利回り7.55%超えの運用に準備しよう。

 




ad

ad

-crypto currency仮想通貨
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バンクエラ最新情報】ビックニュースはBankera Loans(暗号資産担保ローン)。メリット(デメリット)によって今後BNKの将来価格はどんなチャートになるのか。日本人は利用できるのか。【仮想通貨】

目次1 【バンクエラ最新情報】ビックニュースはBankera Loans(暗号資産担保ローン)。メリット(デメリット)によって今後BNKの将来価格はどんなチャートになるのか。日本人は利用できるのか。【 …

WorldWifiが日本の企業DMMと提携。さらにHitBTCにも上場確定というニュース

目次1 ワールドワイファイWorld Wi-Fiが日本企業のDMM.comと提携のニュース2 仮想通貨取引所HitBTCに上場確定、Bit-Z取引所へも新規上場コインを決める投票に参加3 日本の取引所 …

ビットコインで買い物する人仮想通貨で決済する人はどんな人なのか考えてみた。

家電大手販売ビックカメラ、高級装飾品販売ゆきざき、旅行代理店HISなど最近ビットコインでの支払いができるお店が増えてきて、街中でも目にすることが多くなってきました。ネムはネムバーと言うバーがありネムで …

【仮想通貨】無料で仮想通貨がもらえてクラウドマイニングもできてしまうサイトEOBOTを紹介。EOBOTの登録方法から使い方まで説明するよ。

目次1 【仮想通貨】無料で仮想通貨がもらえてクラウドマイニングもできてしまうサイトEOBOTを紹介。EOBOTの登録方法から使い方まで説明するよ。1.1 EOBOTの登録方法1.2 仮想通貨ビットコイ …

【裏技】フリービットコインFreebitco.inで43,000satoshi貯まりました。これからは毎日利息がつきます。【仮想通貨】

追記:2018年12月6日 いまならビットコインの価格が下がっているので、1回で36satoshiも貯まります。 【freebitco.in公式サイトに登録してビットコインをタダでもらう】 目次1 【 …