column crypto currency仮想通貨 LifeStyle

フェイスブック、グーグルに続きツイッターも仮想通貨の広告を禁止に。これからの仮想通貨広告はブロガーが広告塔になる時代が来る。

投稿日:




https://japan.cnet.com/article/35116408/より引用

Twitter、仮想通貨の広告を禁止する計画か–Facebookとグーグルに続き

 Twitterは競合他社にならい、自社のサイトで仮想通貨の広告を禁止する計画を立てているようだ。

Twitterはこうした禁止措置をまだ発表していないが、この計画に詳しい情報筋によると、同社は現在、そのようなポリシーの策定に向けて取り組んでいるところだという。英Sky Newsが現地時間3月18日に報じた。

禁止措置に踏み切れば、Twitterは自社サイトで仮想通貨の広告を禁じるIT企業に名を連ねることになる。1月には、Facebookが自社のソーシャルネットワーク上で仮想通貨の広告を許可しないと発表し、Googleも3月に入って同様の措置を発表した。

IT企業各社によるこうした決定は、草創期にあるデジタルコイン市場にとっては痛手だが、消費者を保護する手段になるとみられる。ビットコインなどの仮想通貨は、不正行為や違法取引の問題を抱えてきた。デジタル通貨の取引は今もほぼ規制されておらず、いったん行われた取引を無効にすることが難しいため、詐欺師やハッカーのターゲットになっている。

これは本当に良いことだ思います。

グーグルに「仮想通貨 優良 ICO」とか仮想通貨関連を検索してもとトップによくわからないICOのトークンセールが出て来ることが最近特に多いです。今まではよくわかっていない情報弱者とは言いませんが、仮想通貨のICO初心者などがよくわからないまま広告とわからないままクリックして購入してしまう恐れがあるからです。

これからはICOと検索すれば優良なトップブロガーさんの良質な記事が出て来るので、みなさんのお役にたてる記事が検索されるようになるのです。

これはこれからの時代は、ブロガーさんの仮想通貨記事に焦点が当たる可能性が大きくなったと言えます。

ブロガーさんや色々勘違いされている方がいるようですが、グーグルの仮想通貨の広告が禁止になっただけで、別に仮想通貨の記事を書いている記事が検索されなくなると言うわけではないのです。

これからは仮想通貨の記事に対しても良質なものが評価されることを願っています。

ちなみに私も仮想通貨について投資しています。これらは少なくとも詐欺ではないと99%思っています。100%は断言できませんが。

私と同じ平均的な平凡サラリーマンが行なっている代表として、お金の増やし方をみなさんの投資の指標になればと思っています。私ができればみなさんもできる。

仮想通貨 投資銘柄一覧

ad

ad

-column, crypto currency仮想通貨, LifeStyle

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

集中力をアップさせる方法 カフェの店内の音楽をずっと流してくれるコーヒティビティCoffitivityを紹介します。

目次1 カフェに行くくらいの雑音の場所のほうが集中できる。2 皆さん、銀行に預けているお金ありませんか?3 ハイリスクの仮想通貨もノーリスクで資産を増やしていきましょう。無料タダでビットコインを貯めら …

今人気のOFF-Whiteオフホワイトを格安で手に入れる方法

目次1 今人気のOFF-Whiteオフホワイトを格安で手に入れる方法1.1 ブランド名:Off-Whiteオフホワイト(ハイストリートブランド)1.2 BUYMAで購入する。1.3 YOOXで購入する …

仮想通貨ICO 格付けで高評価のMidexを紹介。Bankeraバンクエラ を超える金融系ICOが登場したよ。

目次1 Midexに投資しようとした理由4つ2 0. Midexとは?2.1 Midexもバンクエラ のように仮想通貨取引所およびICOのプラットフォームを作る予定2.2 様々な取引所と同一のアカウン …

【仮想通貨】無料でイーサリアム、リップルなど好きな仮想通貨が1日約5円分もらえるEOBOTでクラウドマイニングすると一日無料でどんどん増やせます。

追記:2019年2月16日 仮想通貨の価格が下落しているので、今なら一回にもらえる通貨が大きくなっているので、集めるなら今がチャンスと思っています。 【EOBOT公式サイトから登録して好きな仮想通貨を …

とんこつラーメンに唐辛子入れることで有名な一蘭六本木店に行ってみたらとても美味しかったけどなんか高い気がする。

久しぶりの久しぶりに酔っ払って、一人で帰る途中、どうしてもラーメンが食べたくなったので、六本木の一蘭に行ってしまいました。 本当にラーメンを食べること自体が久しぶりです。 目次1 とんこつラーメン一蘭 …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう