column

本当にダメな父親がいました。見ている方が不愉快。

投稿日:2018年1月20日 更新日:








今日、本当に何もすることがなかったので、お家の近くを散歩して、近くの公園へ逆上がりの練習を兼ねて遊びに行きました。

そこで、先に1人の小さな女の子が遊んでいました。父親は離れたベンチに座ってスマホをいじっていました。

女の子はパパ、パパと呼んでいましたが、一向に近寄る気配もなく、ひたすらスマホをいじっています。

女の子は遊具で、パパ、これ何?とかこれどうやって使うの?とか、一緒に遊んで。とさけんでいますが、一向に近寄る気配もなく、ひたすらスマホをいじっています。

女の子はそれでも一人で滑り台や綱登りで遊んで、パパが来て欲しいと必死でパパの方をみていますが、一向に近寄る気配もなく、ひたすらスマホをいじっています。

終いには、大人の運動遊具を登り始めました。登ったのはいいものの、大人の高さがあるため、降りれません。降りれないよー。助けてー。と言っているにもかかわらず、一向に近寄る気配もなく、ひたすらスマホをいじっています。

ようやく、パパは助けに行ったのですが、降りるときに、大人の力で遊具から引き離したので、足が引っかかったのか、足が痛いよー。と泣き叫んでいます。と言っているにもかかわらず、パパはもう泣いてるなら帰ると言って。帰ろうとします。

女の子は、足が痛いよ。抱っこしてー。と寄り添ってきても、パパは抱っこはしない。帰ると言って、ほったらかしにして帰っていこうとしています。

女の子は泣く泣く自分一人でストライダーを押して、パパの後を泣きながら帰って行きました。

というお話。

本当は一緒に遊んであげたかったし、見ていてあまりにも不快だったので一言注意しようと思ったのですが、なんかそのパパと関わりたくなかったというか、そういうパパに限って、人の家庭に入ってこないでくださいとか、こっちの教育に口を出さないで下さいとか、訳の分からない理屈で逆ギレされたりとかしたら、腹がたつので、女の子には申し訳なかったと思いますが、見ているだけにしました。

本当に不愉快でした。こんな親がいると思うと子供が可哀想で可哀想で仕方がないです。

せっかくの公園に来てるのですから、割り切って本気で付き添ってトコトン付き合って遊んであげればいいのに。

本当にダメな親の子供は、親を選べないので、ただただ可哀想です。

何とかならないものでしょうかね。



ad

ad

-column
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【必読】子育てコラム。嘘をつく子どもたち。なぜ、嘘をつく子供になってしまったのだろうか

なぜ、嘘をつく子供になってしまったのだろうか。 なぜ、嘘をつく子供になってしまったのだろうか。保育園のうちの息子の同じクラスで、嘘をつく子供がいます。 ある日2人の男の子が喧嘩をしました。どうして喧嘩 …

no image

最近の仮面ライダー、ウルトラマンや戦隊モノのアイテムや種類が多すぎる件

最近、よくウルトラマン、仮面ライダーをテレビで見るのですが、変身するときのアイテムの種類が多すぎる。   これは、おそらく大人の事情で、おもちゃをたくさん売るための戦略だと思います。 &nb …

ショートコラム超重要正論:どんな情報商材(詐欺案件??)でも絶対に買ってはいけない理由

目次1 どんな情報商材も絶対に買ってはいけません。2 正論:情報商材を売っている人やセミナーの主催者は情報商材のノウハウでお金を稼いでいるのではない。3 ではお金を稼ぐにはどうしたら良いのか。3.1 …

【必読】高級ホテルでコーヒーを飲むということ。新宿でお茶をするならパークハイアット東京のピークラウンジがオススメ

目次1 パークハイアット東京41階のピークラウンジに行ってきました。1.1 新宿でお茶をするならパークハイアット東京のピークラウンジがオススメ。1.2 コーヒーの値段が、なんと1400円。 税別、サー …

たまには大自然に囲まれたところに身を置いてみよう。

目次1 たまには、大自然に身を置くといろんな気付きがあります。1.1 主体性と協調性を身につけさせる。1.2 道具を知る。1.3 自分ではどうすることもできない大自然の厳しさ・怖さを知る。2 主なオス …